×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

はげになってしまったら…

はげになってしまったらなかなか治療や維持するのにはお金がかかるのであまり気にしない方法があります。無理に隠そうとするとむしろ周りははげに関してかなり気を使ってしまうのです。しかし、ファッションでもそうなのですが、無理にはげを隠さなければ他人にはかっこよく見えるものです・∀・

どうどうとしているはげに近い方を見るとむしろはげに対して悪口を言っているほうが惨めだと気づかされるものだからです。一番いいのは短髪にしてどうどうと振る舞い、できれば自分から進んでネタにするくらいが一番幸せな人生を送れることでしょう♪

はげの予防法

はげの一番の原因となるのはストレスです。ストレスが多い時は、前髪をちょっと掻き揚げただけでも必ず二三本は髪の毛が抜けてしまうことを経験したことがある方は少なくないでしょうかね?なので、ハゲの一番の対策はできるだけストレスなく生活することが前提となります。

そして、次のはげの原因となるのは生活習慣です。食事からはげの対策としてしっかりと栄養を撮る様にして特にカップラーメンや油ものなどこってりしたものはできるだけとらないようにしましょう。そして、はげの効果的な対策としては髪はしっかりと清潔に洗うことが大切です。

髪の毛の洗い方もできるだけごしごしとしっかりと洗う方がはげの対策になります。さらに、これらのはげの対策ができた上で、サプリメントや発毛剤を使うとさらに効果が上がります。このはげの予防は効果があるかどうか不安になる方もいるかもしれませんが、とにかく現在ではげの対策といわれていることは何でもいいのでやった方がいいと思いますよ♪

はげの治療法

現在実際にはげになってしまっている人は予防しようという以後の問題で治療するしかないですね(>▽<)はげの最も信頼できるような治療法としては、病院の皮膚科があります。医学的にはげに本当に効くといわれている薬品としてはフィナステリドとミノキシジルの2つのみです。はげの治療薬品の一つといわれているフィナステリドは「プロペシア」という製品名で発売されています。

しかし、このはげの治療剤は一ヶ月に一万円もかかってしまい、さらには副作用として勃起不全というデメリットがあります。よってはげの治療薬は若い方はできるだけ避けたようないいと思います。もう一方のはげの治療薬であるミノキシジルは医薬品なのですが、まだ未発売ですが、一般用の薬品としては「リアップ」という製品名で販売されています。

ただ、はげを治療するというものではなくて、脱毛をとめるものであり、いったん服用をやめると再びはげが発生し始めてしまいます。なので、この薬は生え際にはなかなかきかないのです。皮膚科でこれらのどれかが処方されると思うので、がんばってください♪